腎臓の働きを良くするサプリメントの成分は

腎臓の健康を守るために、サプリメントを使うのもひとつの手段です。
サプリメントは薬ではないため、極端な過剰摂取をしない限り、副作用なども起こる心配はありませんし、
目安になっている量を守って続けることで、十分な効果を期待することができます。

 

では、どのような成分のサプリメントを選べばいいのでしょうか。
このページでは腎臓に良いとされる成分や栄養素などを紹介していきます。

ノコギリヤシエキス

ノコギリヤシ

ヤシ科の植物で、主にドイツなどで医薬品として有効活用されていると言われています。基本的に前立腺肥大などの改善に効果を期待できるとされている健康食品であるため、直接的に腎臓に関与しているわけではありません。

 

しかし、前立腺肥大によって起こる膀胱炎や水腎症など、腎臓の合併症を予防するために効果的であるため、間接的に腎臓の健康維持をしていくことが出来るでしょう。

 

⇒ノコギリヤシ配合のおすすめサプリメントはこちら

 

腎臓のためにもオルニチン

しじみ

肝臓に良いということで有名なオルニチンですが、肝臓と密接な関係を持つ腎臓にもよい成分です。

 

オルニチンは、肝臓内で体の中にある有害物質であるアンモニアを分解し、無害な尿素へと変えてくれる成分です。つまり、オルニチンが分解してくれる分、腎臓はアンモニアを分解しなくてもよくなるため、腎臓の負担が軽くなのです。

 

近年は、かなりオルニチンが注目されていることもあり、この成分が配合されているサプリメントもたくさん販売されています。オルニチン+αされているサプリメントが主流になっていますから、自分の改善したい部分なども含めて考え、購入するといいでしょう。

 

ちなみにオルニチンはしじみや牡蠣などに多く含まれている栄養素です。
そのため、牡蠣エキスやしじみエキスを多く含んでいるサプリメントを摂取すると、
効率よくオルニチンを摂っていくことができます。

 

⇒お試し15日分500円!協和発酵バイオのオルニチン

 

マグネシウムも重要

腎臓に良い成分としてはマグネシウムも挙げられます。
マグネシウムは尿の中のカルシウム濃度をコントロールして、
正常な状態を保とうとする働きがあるのです。

 

そのため、仮に多少腎臓が弱ってしまっていても、
このマグネシウムが結石ができたりするのを防いでくれるというわけです。

 

マグネシウムは一般的なミネラルとしても知られているため、
さまざまなミネラルが凝縮されているマルチミネラルなどのサプリメントを用いれば、
簡単に摂取することができます。価格も安価であるため、続けやすいのが嬉しいですね。

古くから薬用として用いられているハトムギ

中国南部から東南アジアを原産地としている植物です。
その地方では古くから薬用として用いられてきたことから分かるように、
健康によい影響を与えてくれる植物なのです。

 

ハトムギには利尿作用があるため、
腎臓の機能が低下している人にも良い効果を与えてくれるとされています。

ドクダミ

ドクダミといえば独特の臭いがある植物として知られています。
このドクダミを乾燥させて作られたドクダミ茶は利尿作用を持つため、
腎臓に良い影響を与えてくれます。
そのため、膀胱炎を改善したり、弱った腎臓の働きを助けたりしてくれるのです。

 

ドクダミにはこれらの作用の他にも毛細血管を丈夫にしてくれたり、
高血圧の改善効果を期待できたりするため、
一度に様々な面においての健康維持をしていくことができるでしょう。

 

サプリメントを飲む場合に気をつけたいこと

サプリメント

このように、腎臓に良い影響を与えてくれるサプリメントの成分は様々な物があります。サプリメントに含まれているこれらの栄養素は、基本的に副作用などは存在しません。

 

しかし、過剰摂取することで人によっては副作用を起こしたり、悪い影響が出てしまうこともあるため注意が必要です。

 

また、サプリメントは毎日コツコツと飲み続けていくことによって、体の内側から健康にしていくものです。
突然大量に飲んだからといって、すぐに効果が出たり、
倍の効果を実感することができるものではありません。

 

過剰摂取は副作用なども起こす可能性もありますから、
サプリメントを摂取する際は、必ず用量を守って摂取するようにしましょう。
長く続けることこそ、健康のためのポイントなのです。

 

 

上記で紹介した成分以外にも、水溶性ビタミンであるビタミンB12は腎臓の機能補助の効果があり、
さらにβカロテンやセレニウムといった成分にも腎臓をサポートする機能があります。

 

一番いいのは食事から摂取することですが、どうしてもできない場合もあります。
そんなときは、腎臓に良い成分がふくまれているサプリメントを選んで飲んでみましょう。

 

もちろん、飲む際はパッケージや説明書などをよく読み、それに従って飲むようにしてください。