腎機能検査とは

腎機能検査の説明をする医師

腎機能が低下してしまうと、様々な症状が現れたり、恐ろしい病気を発症してしまう可能性が高くなります。

 

腎臓からのSOSは出来る限り早くキャッチしたい…と思うところですが、実は腎臓も肝臓と同様沈黙の臓器と呼ばれるもの。ちょっと状態が悪くなった程度では、自覚症状を感じることがないのです。

 

そのため、症状を自覚するようになったら要注意。すぐにでも腎機能検査を行うようにしましょう。

腎機能検査とは…?

腎機能検査は基本的に血液検査で行われています。
この血液検査によって出た「クレアチニン」と「尿素窒素」という主に2つの値を見て判断されるのです。

クレアチニンについて

これはアミノ酸の一種であるクレアチンが、
筋肉を動かすためにエネルギーとして使われた際にできる老廃物です。
当然、老廃物であるため体内に吸収されることなく腎臓から尿に溶け出して排泄されていきます。

 

しかし、腎臓の機能が低下してしまうと、この排泄機能が正常に行われなくなってしまいます。
その結果、血液中に含まれるクレアチニンの数値が高くなってしまうのです。

 

ちなみにクレアチニンは筋肉量が多い人程できやすいものです。
そのため、筋肉量が少ない人に比べて多い人の方が濃度は高い傾向にあるようです。

尿素窒素

尿素窒素とは、タンパク質が体内において、エネルギーとして使われた際に出る老廃物のこと。

 

クレアチニンと同様に老廃物として尿と一緒に排泄されるものですが、
腎臓の機能が低下していると正常に排泄させることができなくなります。
その結果、血液中に含まれる尿素窒素の量が多くなり、数値が高くなってしまうのです。

 

ちなみに、尿素窒素の数値は食事で摂取したタンパク質の量によって変わってきます。
そのため、タンパク質を過剰摂取しすぎていると、
腎臓が悪くなくても血中の尿素窒素の数値が高くなります。

 

このように、腎臓機能検査はこれらの数値を調べることで行われます。

 

⇒腎臓が気になる方へおすすめのサプリメントは

腎臓の濾過能力を調べる検査も

腎機能検査について話す看護師

腎機能検査では、腎臓がもつ濾過能力がどの程度のものか…というのを調べることを目的とした検査も存在しています。

 

これはクレアチニン・クリアランスという検査で、腎臓が1分あたりどのくらいのクレアチニンを濾過しているのかを検査できるものです。

 

腎臓の濾過能力が正常であれば、クレアチニンなどの老廃物はどんどん濾過され排出されていくため、クレアチニン・クリアランスの数値は高くなります。

 

しかし、反対に腎臓の濾過能力が低下していると、
しっかりと老廃物が濾過されないため、数値が低くなってしまうわけです。

 

このように、クレアチニン・クリアランスの数値が高いか低いかによって、
腎臓の濾過能力を判断するという検査も、腎機能検査で行うことが出来ます。

腎臓からのSOSを早くキャッチするために

腎機能検査の大事さを説明する医師

腎臓は肝臓と似ていて、病気になってもなかなか自覚症状が現れない器官です。そんな腎臓のSOSを早くキャッチして、早期治療を始めることができるよう、腎臓機能検査をした場合は検査結果のコピーを貰うようにしてください。

 

こうすることで自分の検査結果にどのような変化があるのかをじっくり見ることが出来ます。医師はたくさんの患者さんを相手にしていますから、見落としてしまうこともあるでしょう。

 

でも、自分で検査結果を管理する場合は、
自分の結果だけを見ていけば良いため見落としもなく、
ちょっとした変化をしっかりキャッチすることが出来ます。

 

その変化はもしかしたら、腎臓からのSOSなのかもしれません。
早く異変に気付くためにも、検査を受けた時は結果のコピーを必ず貰って自分でもチェックしましょう。

 

 

こうしてみると腎機能検査はなかなか大変な検査と思われるでしょう。
しかし、すぐにSOSを出してくれない腎臓を守るためには非常に大切な検査です。

 

少しでもおかしいと思うことがあれば、すみやかに腎機能検査を受けるように心がけていくことで、
腎臓病から身を守っていくことが出来るでしょう。